節約術

【あなたの代わりにプロが出品】フリマ代行でテキパキお片付け!

新型コロナウイルス感染拡大が長引く中、フリマアプリを活用して不用品整理に取り組んでいる人も多いと思います。

でも、いざ捨てようとしても、なかなか思い切って捨てられないという人も。そんな人にピッタリの、お得なサービスが次々に登場していますので、まとめてご紹介します。

1 ラクまるっと

フリマアプリに実際に出品しようとすると、商品撮影や購入者とのやりとり、梱包、発送など意外に手間がかかります。

「ラクまるっと」は、楽天が提供するフリマアプリ「ラクマ」の出品代行サービス。代行を依頼する時に、利益が出るかどうかを事前に査定してくれるので、気軽に利用できます。

 

2 マカセル

オススメは、MONO Technologiesが運営する「マカセル」。これは、フリーマケットアプリの出品を、経験豊富な人に代行してもらえる、とっても便利なサービスです。

マカセルでは、品物の種類とそれが何箱あるかを入力し、段ボールで送るだけ。面倒な作業は、専間の代行者がすべて実施してくれます。

出品した物が売れたら、代行者への報酬(売り上げの約30%)、送料、手数料を引いた額が、あなたの口座に自動的に振り込まれるというシステム。

ポイント

節子さん
不要品が大量にあっても問題ありません。マカセルを活用して、じゃんじゃん不要品を現金化しちゃいましょう!  

3 カラエト

フリマアプリに出品するかどうかを迷う場合もあると思います。そんな時は、いったん業者に預けるのも良いアイデア

トランクが運営する宅配型収納サービス「カラエト」は、預けたいものを段ボールに詰めて、配送業者に渡すだけ

「もういらない」と決心がついた時は、そのままマーケットに出品することもできます。「カラエト」では、自分が何を預けたのか、写真で「見える化」します。

今の自分にとって、本当に必要な物かどうかを改めて確認できますよ。

 

4 UTTA!

家に眠る骨董品や古いブランド品など、値付けの難しい物については、プロの力を借りるのも1つの手段。

質業を営む大黒屋のオンライン査定サービス「UTTA!」。売りたい商品の写真を送れば、目利きのプロが24時間以内に査定結果を教えてくれます。

金額に納得がいけば、宅配での買い取りステップに進むことが可能。身の回りの整理を進めながら、我が家の総資産はいったいいくらなのか、把握することができます。

 

5 黒染め

まだ着られる服なら、再生利用するという道もあります。アパレル事業を展開するヒューマンフォーラムは、黒染め専門の「京都紋付」と提携し、衣類の染め替えサービスをオンラインで受け付け中。

綿などの天然素材を、5割以上含んでいる必要がありますが、愛着がある服の黄ばみや色あせを、「黒染め」でよみがえらせてくれます。Tシャツは2500円から

 

6 KIDSROBE

さらに、着られなくなった子ども服は、アダストリアのおさがリシェアサービス「KIDSROBE」で、簡単に譲り合うことができます。

月額1980円で最大8着まで利用可能。気に入った服や汚れてしまった服は、返却しなくてよいのがポイントです。

博士
様々なサービスをうまく利用してお片付けをスムーズに終わらせ、おまけにお小遣いもGETしちゃいましょう!


 

© 2021 【節約博士】とっても お得な 節約術セレクション!! Powered by AFFINGER5